『突撃!!Nopyが行く!!』激辛会に参加してみた!!

2021/03/12

Involve Divisionの近藤さん(通称Nopy ※)が、社員や社内イベントに突撃して取材をする『突撃!!Nopyが行く!!』企画で、今回は『激辛会』を取材しました。

はじめは動画をYouTubeで公開しようと思ったのですが・・・
ひたすら汗を流して辛いモノを食べる図はシュールすぎる・・・ということで動画は諦め、文字にしたら面白いかも!!と文字起こしを始めましたが、取り留めがなすぎる・・ということで文字起こしも諦めました(笑)

会の概要と写真から辛さをご想像ください!!!!!

 

(※)Involve Divisionは、クリエイティブホープの中で、総務・経理・法務などのスペシャリストが集まった部門で、会社がvisionを実現するために、他事業部の社員みんなを巻き込みながら牽引していく部署です。

 

akinaga誰だかわからなくなるくらい辛い?!
写真は秋永さん、提供は白石さん(2名ともMarketing&Sales tech事業部)

 

激辛会の概要

****主催者(invyチームの冨依さん)のSlack投稿より)

【明日ですよ】21時前後〜 激辛なものをみんなで食べに集う会

とりあえず激辛そうと思うものであればなんでも持ち寄りOKです!辛いもの多少苦手でもWELCOMEです。

【こんな方におすすめ】

・辛いものがちょっと気になってる方

・むしゃくしゃしてる方

・今の自分を変えたい方

・滝のように流れる汗を実際に見てみたい方 笑けるくらい出します!

・伝説のニューカマーも1時間ほどご参加されるとのこと、お話されたい方のご参加もお待ちしております。

みなさんHOTに盛り上がりましょう!

【補足:免責事項】くれぐれも無理はしないでください。自分の体と相談して、自己責任でお願いしゃす!!

*********



 

image (3)

(Fintech事業部 服部さん、invyチーム冨依さん/主催者
Marketing&Sales tech事業部 白石さん、秋永さん)

image (4)image (5)
(取締役 益子さん、Involve Div.近藤さん)

 

会には取締役から新入社員、退職した社員まで参加して辛い物を食べ(または“見る専”で)、会を楽しんでいました!!(合計参加者9名)

みんなが食べていたものは、『辛辛魚+サドンデスソース&ファミチキバンズにただデスソース塗りまくったやつ』『蒙古タンメン中本カップ麺』『UberEatsでメキシコ料理』『辛ラーメンのやばいやつ』『ペヤング獄激辛カレーとココイチ十辛のミックス』『ペヤング激辛+サドンデスソースたぶん大さじ1.5杯くらい』・・・書いているだけで辛いです🔥🔥🔥

初めは汗をかいてヒーヒー言いながら、または黙々と食べる他人を見ながら、辛いものにまつわる話(「辛いものの中和にはコーヒーがいい」「辛いものに慣れている人は口より先にお尻にくる」などなど)をしていましたが、フィリピンでの就職や経済事情の話をしたり、最後には社員のプライベートなあれこれを話したり、大変盛り上がっていました。

 

やはり共通のものを食べながらの会はオンラインでも盛り上がりますね!!オンラインでも“同じ釜の飯を食う”ことの大切さは色々なところで言われていますが、今回も一体感がうまれてとても楽しく、みんなが身近に感じられる会になったと思います。

 

 

そもそもなぜ激辛会を開催したのか

 

Nopy:
今回、「激辛会」はどのような流れから開催に至ったのでしょうか?一体どういう人が集まる会なんですか?

冨依:
私がchachat(リモートワーク中の社員が雑談を楽しむためのSlackチャンネル)で「ペヤング 獄激辛カレー食べたことある人います?」と投稿したのに対して、秋永さんが反応してくださり、話の流れで「辛いものみんなで食べるのいいんじゃない?」と企画することになりました。
当初は「すごく辛いものへのチャレンジ大会にしようか?」とも話しましたが、間口を狭めたくなかったので最終的には「辛いと思うものなら何でもOK!」と決め、社員交流に重きを置くことにしました。

Nopy:
コロナの影響により全社で恒久的にリモートワークになり、冨依さんが沢山企画をしてくれるおかげで、少なくなっていた社内交流が増えてきたな~と感じているところです!普段は、私は社内イベントの企画・運営側にいるのでわかるのですが、企画・運営側だと参加者確認や場所手配など地味に大変な部分もありますよね。たくさん企画を立ててくださる理由や思いはどういったところにあるのでしょうか?

冨依:
基本的に私は「かまってちゃん」なので、面白いことを思いついたらみんなで一緒に何かしたい!という単なる思いつきで動いています。みんなで集まって話したい、というのもありますし、単なる暇つぶしでもあります(笑)
付け加えると、個人的にはオフラインよりもオンラインの方がイベントを実施しやすいと感じています。
物理的な制約なく参加・退出が自由に可能なので、融通も効きやすくプライベートも侵害されにくいと思います。
オフラインの宴会のように事前の予約も人数確認も(厳密には)必要ないですし、途中参加も自由な他、事前に参加意思表明がなくても「今日偶然仕事が早く終わったから参加してみようかな」という形で参加してくださる方もいます。

Nopy:
今までも闇鍋(闇鍋は冨依さんのお母様でしたっけ!)や今回の激辛会などいつも面白い企画が多いですが、発想や企画案の源ははどこから…!?

冨依:
ほとんどは「人との会話の中から」生まれます。ぼんやり持っているアイデアを人に話したり「企画してみない?」と持ち出してみたりすると、色々話が膨らんで、具体的に「やってみよう!」となる…というパターンが多いです。集合知、大事です!

Nopy:
最後の質問となりますが、社内のコミュニケーションや雰囲気がこれからどうなってほしいと感じていますか??

 

冨依:
イベントをみんなで自由に気軽に企画して、各人が「ランチ行かない?」のようなノリで行っていけると良いなと思います。普段交流しない社員同士の横のつながりが増えるのが社内イベントの最も良いところだと思うので!

また激辛会の雑談でも話題になりましたが、趣味を持った人同士の「部活」を再度オンライン上でも復活できると、社員個々人の人となりが分かってなお良いかもしれません。

 

***

今後も社員や社内イベントの取材を通じて、クリエイティブホープの良さを発信していきたいと思います!!

楽しみにしていてくださいね♪

 

 

 

Topics: Heartbeat, _ (Blank), Co-create, Realize, CRH