<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-P2MDTJ" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

ヒューマンリソシアのお友達キャンペーンでお得にお仕事探し

≫8/6ウェビナー:「紹介マーケティング トップ企業の戦い方」詳細はこちら

 

top
ヒューマンリソシア公式サイトhttps://haken.resocia.jp/campaign/otomodachi-2020/

様々な企業様のリファラルキャンペーンを研究・評価する「お友達紹介研究所」。今回は人材紹介企業「ヒューマンリソシア」のお友達紹介キャンペーンを紹介します

 

・企業名:ヒューマンリソシア株式会社

・キャンペーン概要

ヒューマンリソシアは、人材事業を展開するヒューマングループの、起業への人材派遣・人材紹介に特化した会社。本キャンペーンは、ヒューマンリソシアにスタッフとして登録している方限定のお友達紹介です。
※本キャンペーンは終了しています

キャンペーンの特典は?

refer-img01

お友達&紹介者の両方に、特典がプレゼントされます。しかも、お友達が面談をしたとき、2か月以上就労したときに特典2をもらえるというものです。

特典① 3000円分の「選べるe-GIFT」
条件:紹介された人の新規登録面談(来社面談・WEB面談)

特典②10,000円分の「選べるe-GIFT」
条件:紹介された人の就労2ヶ月

紹介する友人の数に制限はありません。「選べるe-GIFT」とは、この場合は電子マネーのこと。アマゾンギフト券や楽天ポイントなどに交換が可能で、自分がよく使うサービスの電子マネーがもらえます。ユーザーにとっては使い勝手のいいインセンティブですね。

どうやって紹介するの?

紹介は、「LINE」「メール」「チラシ」で行われます。

1.お仕事を探しているお友だちにメール、LINE、チラシいずれかの媒体でヒューマンリソシアを紹介。誰から紹介されたかがわかるよう、自分の情報である「スタッフNo.」「名前(フルネーム)」もお友だちに伝えておく。

2.紹介を受けたお友だちがヒューマンリソシアに新規登録し、面談を受けると、翌月の上旬に、介者(会員)・被紹介者(お友だち)双方に『特典1』が送られる。

3.送付されたメールから専用URLに行き、ID(メール添付)を入力し『特典1』を入手。

4.登録翌月末日までにお仕事を決定、さらに2カ月以上就労することで『特典2』が取得可能になる。

5.就労開始の翌々月の上旬に紹介者・友達に専用URL、ID付きのメールが送付され『特典2』が取得できる。

キャンペーンのポイント

①会員の人からの紹介なので、安心

できるだけ良い条件、良い環境で働きたいと多くの人が思います。そ自分の強みだけでなく、置かれている条件による希望など、一人一人に合った仕事・職場を紹介してくれる人材紹介会社を選びたいですよね。今回のキャンペーンは会員からの紹介なので、ヒューマンリソシアがどのような会社かわかった上で、お友達に紹介しているので、紹介された側にも安心感があります。

メールアドレス宛に特典をプレゼント

ヒューマンリソシアのオフィスに行かなくても特典をもらえる

③メールアドレス宛に特典をプレゼント

アマゾンギフト券は、メールあてに届きます。次回の受講まで日がある、万が一合わなくて来塾する機会がないなどでもフォームで入力したメールあてに届くので、特典のもらい忘れがありません。

評価 ★★★★

・商品の魅力 ★★★★☆

今人気の習い事を、体験できるのはとてもありがたいことです。オンラインレッスンも解説しており、通塾しなくてもプログラミングを学ぶ機会を提供しています(2020年6月は体験レッスンはオンライン飲みになっています)。体験することが興味の幅が広がるきっかけになるかもしれません。

・企画のおもしろさ ★★★☆☆

体験レッスンは、習い事ではあまり珍しいことではありません。ただし、TechKidsはこの体験に非常に力を入れています。スタッフと子どもがマンツーマンで行うので、パソコンに触れたことのない子どもでも、レベルを合わせた内容で教えてもらうことができます。

・インセンティブの魅力 ★★★★★

アマゾンギフト券の良いところはメールで発送できること。金券という味気なさはありますが、パソコン教室とは親和性が高いのではないのでしょうか。

・紹介のしやすさ ★★★★☆

紹介には常に若干の「この人に紹介しても大丈夫かな?」という気持ちがつきもの。しかし体験入学なので話の流れから「興味あるなら、体験レッスンに行ってみる?」と言いやすいです。「合わなかったら断ればいい」という被紹介者の心理もあり、「体験」というハードルの低さは、日常の話の流れから紹介に至るまでの心理障壁が少ないのがポイントです。

総評:

シンプルな設計ながら、「紹介してみようかな」「行ってみようかな」という心理障壁が低く、成功するキャンペーンの形かと思いました。シンプルなフォームで入力がカンタンなのも素晴らしいです。まずは行動させる、その流れがしっかりとできているキャンペーンです。

 

 

 





トピック: お友達紹介研究レポート

 
 
オンラインセミナー開催
 

アフターコロナに欠かせない店舗集客

 
ウィズコロナ、アフターコロナの「新しい」店舗集客を徹底解剖!リファラルマーケティングのノウハウは?LINEやGoogleマイビジネス活用との相乗効果は? zoomを使っての早朝オンラインセミナー、ぜひご自宅からでもご参加ください!

invi20200629_LP_2

 

 
 

 
 

最も読まれている記事

情報過多の時代は「何を言うか?」より「誰が言うか?」が重要です。紹介がされる時には「誰が」「どんな情報」を友人・家族に伝えているのでしょうか?  詳しくはこちら>>
インフルエンサーマーケティングは適切に行えば高い効果を発揮しますが、方法を誤ると一過性のもので終わってしまう危険性も。失敗を防ぐためには何に気を付ければいいのでしょうか?  詳しくはこちら>>
大事なポイントはリファラルコミュニケーションのデザイン。オンラインだけでなくオフラインも最適化することで紹介経由の顧客獲得が4倍に。  詳しくはこちら>>
コロナウイルスに伴う外出自粛によって、人の消費行動や生活様式は大きく変化しました。アフターコロナの店舗集客のあり方がどのように変わるのか、考えるためのポイントを解説します。  詳しくはこちら>>