<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-P2MDTJ" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

米国テンプル大学の社会人教育が友達紹介キャンペーンでお得!応募方法を解説

 

様々な企業様のリファラルキャンペーンを研究・評価する「お友達紹介研究所」。
この記事では、日本最古の外国大学「テンプル大学」ジャパンキャンパスのお友達紹介キャンペーンをご紹介します。

 

画像引用元:テンプル大学公式サイトhttps://www.tuj.ac.jp/jp/new-campus/index.html

 

・企業名:テンプル大学

・キャンペーン概要

テンプル大学ジャパンキャンパスが提供する「生涯教育プログラム」のお友達紹介キャンペーン。友人が申込時に、紹介者の氏名とメールアドレスを所定欄に記入すれば応募完了。友人のコース申込み完了で、紹介者にはAmazonギフト券2,000円分プレゼント、友人には入学金30%(3,294円)オフのインセンティブあり。

 

 

テンプル大学の生涯教育プログラムとは?

米国ペンシルバニア州立の総合大学「テンプル大学」の正式な日本キャンパス。外国大学の初の日本キャンパスとして文部科学省の認定を受けています。

生涯教育プログラムは主に社会人向けに開講された教育制度です。授業内容としては語学(主に英語。スピーキングやライティングなど用途別)のほか、プロジェクトマネジメントやプログラミングなど、ビジネスに役立つ授業が、合計約200種類用意されています(詳しいコースはこちらをご覧ください)。1授業は通常計10週間で終了するとのこと。学位には認定されないものの、プログラムを受講すれば修了証書を取得することもできます。2019年には世田谷区に新校舎もオープンしました。

(実際の授業風景。講義名は「リーダーシップ・スキル」。画像引用元:テンプル大学公式サイトhttps://www.tuj.ac.jp/jp/cont-ed/about/classroom-photos.html

 

 

キャンペーンの特典は?

お友達は・・・ 入学金30%オフ(3,294円相当

紹介者は・・・ Amazonギフト券2,000円分

(条件:友人の入学)

 

 

どうやって応募するの?

テンプル大学のお友達紹介は【手書き記入】で行われます。

①紹介者は、友人に「氏名」「メールアドレス」を伝えておきます。

友人は申込み時、「その他特記事項・ご希望など」という欄に「CONTED-RCD(キャンペーンコード)」「紹介者の氏名/メールアドレス」を手書きで記入します。

③紹介者の承認後、友人に割引を適用した「お申し込み確認書(Application Acknowledgement and Invoice form)」が届きます。

④友人の契約 → 紹介者に特典プレゼント。

 

 

キャンペーンの嬉しいポイント

 
①入学金割引で、よりお手軽に入学できる!

入学金割引で、入学金は7,686円にオフ。あとの学費は各講座の授業料とテキスト料となり、必要な講座を必要なときに受講できるシステム(年度ごとの学費は不要)なので、興味のある講座があり「とりあえず入学してみようかな」という人にとっては後押しになりそうです。

 

②お友達の感想で、プログラムの雰囲気が事前にわかる!

テンプル大学の授業は多くが受講料20,000〜60,000円と安くはありませんので、自分の求める教育が受けられるのかは入学前の重要な要素。お友達の紹介をきっかけに、興味がある講座の雰囲気やおすすめの講座などを聞いておくことができれば、受講前にミスマッチを防げるので紹介される側にとっては嬉しいチャンスですね。

 

③「仲間」がいれば、学習が長続きしやすい!

大学は自主的な学びの場。とはいえ仲間がいればモチベーション維持になるほか、情報交換もでき、欠席時のフォローもしてもらいやすいですよね。さらに友人を介すれば、大学内でより手っ取り早く新たな人の輪を広げる機会もできます。授業内外で様々な広がりが持てれば、学習が長続きするだけでなく公私においてメリットがありそうです。何かと忙しい社会人だからこそ、近しい友人は講座を続けるうえで頼もしい存在になりそうですね。

 

 

評価 ★★★☆☆キャンペーンはあくまで「きっかけ」程度

 

・商品の魅力 ★★★★☆

アメリカの大学なので、英語教育のラインナップは豊富です。ネイティブ・ノンネイティブ両方の講師がいるのでケースごとに質問や相談もしやすそう。また、アメリカ式のビジネス教育に興味がある人にもオススメです。講座ごとの金額は安くありませんが、学内の施設(図書館など)も通常の学生と同様に使用できるのは有り難いですね。体験レッスンも用意されていますので、気になる方はまず一度授業を受けてみるのもよいでしょう。

 

・企画のおもしろさ ★★☆☆☆

インセンティブの低さや、お友達紹介欄が特別設けられていないことからも、リファラルキャンペーンはあくまで「きっかけ」程度にしか重視されていない印象です。受講生の多くが多忙な社会人であることを考えると、インセンティブの額はともかく、手書きよりもスマートな申込みのシステムがあればありがたいですね。

 

・インセンティブの魅力 ★★★☆☆

もともとテンプル大学の入学料はそこまで高額ではありません(1万円程度)。つまり友人へのインセンティブは3,000円強。紹介者への特典も2,000円なので、いずれの立場から見てもインセンティブはあまり大きくないと言えます。

 

・紹介のしやすさ ★★☆☆☆

お友達紹介のキャンペーンコードは、ホームページ上では確認できませんでした。前もってor当日にキャンペーンコードを問い合わせなければならないのは地味に面倒ですね。また、用紙への手書き入力の際も、お友達紹介用の欄が特別に設けられているわけではないので、うっかり記入を忘れないよう注意が必要です。生涯教育プログラムが多忙な社会人を対象にしていること、通常の入学と違って簡単に入学できることを考えれば、事前手続きがWeb上でできることで様々な「手間」が簡略化でき、アクションしてもらいやすくなると思います。

 

総評:

インセンティブやツールの面から見て、リファラルキャンペーンにはあまり重きが置かれていない印象です。しかし高額な受講料を考えると、「近くの知り合いの口コミ」が入学を決める上で一つのきっかけになることは間違いありません!受講生の多くが時間に制約のある社会人だからこそ、手軽なお友達紹介システムがあれば、キャンペーンはいっそう充実するのではないでしょうか?

 

 





トピック: お友達紹介研究レポート

 
 
02_横長-2
オンラインセミナー開催
 
美容院・ネイルサロン・エステの方向けウェビナー
アフターコロナの店舗集客
 
高いロイヤリティを持つ顧客とのつながりをどのようにデザインするか? リファラルマーケティングクラウドinvyがお伝えします。 zoomを使っての早朝オンラインセミナー、ぜひご自宅からでもご参加ください!
 
オンラインセミナーに参加
 
 

 
 

最も読まれている記事

情報過多の時代は「何を言うか?」より「誰が言うか?」が重要です。紹介がされる時には「誰が」「どんな情報」を友人・家族に伝えているのでしょうか?  詳しくはこちら>>
巷で流行りのバズマーケティングやSNS活用。情報拡散の大きさだけでなく、記憶に残り続けるお店になるためにはどうすればいいか、一緒に考えてみませんか?  詳しくはこちら>>
大事なポイントはリファラルコミュニケーションのデザイン。オンラインだけでなくオフラインも最適化することで紹介経由の顧客獲得が4倍に。  詳しくはこちら>>
コロナウイルスに伴う外出自粛によって、人の消費行動や生活様式は大きく変化しました。アフターコロナの店舗集客のあり方がどのように変わるのか、考えるためのポイントを解説します。  詳しくはこちら>>