<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-P2MDTJ" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

ベルメゾンお友達紹介キャンペーンは条件ゆるめ?2人で最大3000円GET!

bellemaison-referral

 

様々な企業様のリファラルキャンペーンを研究・評価する「お友達紹介研究所」。
この記事では、大手通販サイト「ベルメゾン」のお友達紹介キャンペーンを紹介します。


画像引用元:ベルメゾン公式サイトhttps://bellemaison.jp/pc/etc_html/epzbsa05.html


まずは概要を確認してみましょう!

 

・企業名: 株式会社千趣会(通信販売のベルメゾンを運営)

 

・キャンペーン概要

日用品・雑貨・衣料品を販売するベルメゾンのお友達紹介キャンペーン。「お友達紹介メール」を送り、紹介した友人が会員登録をすると、友人に1,000円クーポンをプレゼント。さらに友人が税込5,000円以上買い物をすると、紹介者と友人の両方にベルメゾンポイント1,000円相当をプレゼント。(注:カタログ送付による紹介の場合、友達の会員登録によるクーポン1,000円分のプレゼントはなし。)

 

 

キャンペーンの特典は?

 

お友達には・・・ 合計2000円相当

会員登録 →1,000円クーポン(メール紹介の場合のみ)

初回5,000円~お買い物 →1,000円相当ポイント

 

紹介者には・・・ 合計1000円相当

友人が初回5,000円〜お買い物 →1,000円相当ポイント

 

 

紹介方法は?

ベルメゾンのお友達紹介には【メール】【カタログ送付】の2通りがあります。
この記事では特に【メール】での紹介方法をご説明します。

 

①お友達紹介フォームに、「友人の名前(個人名/フルネーム)」「友人のメールアドレス」「メッセージ」「簡単な一問アンケート」を入力。
以下は実際のフォームです(抜粋)。

bellemaison-referral-form-1

(画像は実際のログイン後応募画面)

 

確認画面が表示されます。

確認画面では以下のように、お友達に送られるメール内容全文も確認できます(入力したメッセージも挿入されています)。
ただし文面の「ひな形」を修正することはできません

bellemaison_referral-form-2

(画像は実際のログイン後応募画面)


③お友達にメールが届きます。

④リンク先の「新規会員登録」より会員登録完了 → 友人に1,000円クーポンのプレゼント。

⑤友人が5,000円以上の購入 → 紹介者・友人の両方に1,000円分ポイントのプレゼント。

 

注意)
カタログ紹介の場合、「新規会員登録の1,000円クーポン」が付与されません!

ちなみに手順は以下の通りです。
①友人にカタログ送付
②友人が5,000円以上の購入 →紹介者・友人にそれぞれ1,000円分ポイントのプレゼント。

 

 

 

キャンペーンの嬉しいポイント

 
①非特化型商材での紹介キャンペーンは貴重

お友達紹介キャンペーンを行っているサービスの多くは、教育・通信・美容など特定の商材・サービスに特化しているもの。顧客層を絞っているとはいえ様々な商品が購入できるベルメゾンで、お友達紹介キャンペーンが使えることは大きなメリットです(参考までに、同じく大手通販サイトのニッセンはお友達紹介キャンペーンを行っていません※2020年2月現在)。

 

②ポイント条件「税込5000円」に達しやすいラインナップ!

ベルメゾンの商品は、衣料品、家具、キッチン用品、マタニティ・育児グッズなど、家庭の生活に欠かせないものに特化しています。同サイトのターゲットである20~50代の主婦または女性全般なら、お目当ての商品プラス消耗品の下着などを追加で購入すれば、あっという間にクーポン獲得額に達するでしょう(とくに「税込」なのは地味にうれしいポイントですね!)。

 

③ポイント制度がサービス継続のきっかけに!

ベルメゾンでは購入金額によって、会員ステータスである「スマイルステージ」が更新されます。続けてサービスを利用し続けることでお得になるサービスなので、リファラルキャンペーンによるポイント付与はサービス継続の良いきっかけになるでしょう(スマイルステージについてはベルメゾンホームページを参照)。とくに家具類にはお手頃で良デザインのものが多く、一気にステータスが上がるのでおすすめです。

 

 

評価 ★★★☆☆ クーポンはお得。紹介しづらいUXが惜しい!

※メールでの紹介について評価

 

・商品の魅力 ★★★☆☆

安価かつ品質も比較的よいことで、主婦層から一定の評価を受けるベルメゾン。洋服や下着は持っていて損がないベーシックかつ上品な形や色味のものが多いため、普段着や日常着に重宝するものも多いでしょう。セールも頻繁に行っています

ただ衣料品については、最近は店舗受け取りサービスや無料返品サービスなど、現物を確認してから購入できる通販サイトも増えてきている様子。あくまでベルメゾンの商品ラインナップに魅力を感じることが、便利に使える条件かもしれません。

 

・企画のおもしろさ ★★★☆☆

紹介する側から声をかける場合を想定したお友達紹介だと言えそうです。

実は新規会員なら、ベルメゾンの1,000円クーポンは「お友達紹介」をされずとも手に入ります。例えば現在開催中のこちらのキャンペーンでは、無料登録で1,000円クーポンだけでなく初回送料も無料になります(注:予告なく終了する可能性があります)。「紹介されたい」側としては、ほかの人を巻き込む手間を考えれば1,000円クーポンプレゼント&初回送料(5,000円以下の購入で490円)無料で十分…という人もいそうな予感?

本当に「紹介したくなる」「しやすい」キャンペーンになっているか・・・という点に注目しながら、以下の項目を見てみましょう。

 

・インセンティブの魅力 ★★★★☆

紹介される側に最大2,000円の特典はやっぱり魅力的。うち1,000円相当はポイントで付与され、少額のお買い物でも使用できるのが嬉しいです。

注意点は、ポイント付与の条件が「初回5,000円以上の買い物」であること。お友達が会員登録でもらえた1000円クーポンを温存して初回のお買い物額を5,000円未満にしてしまうと、紹介者にも友人にも1,000円相当ポイントは入りません。とはいえ1,000円クーポンは5,000円以上の買い物でしか使えないので、「最初にクーポンを使う」ことだけ覚えておけば安心。クーポンには有効期限もありますし、紹介されたお友達も1000円ポイントは欲しいはずなので、お互いに事前確認をしやすい付与制度になっていますね。

 

・紹介のしやすさ ★★☆☆☆

良い点、友人に送られる「紹介メール」の文面を事前に確認できること。文面の変更が効かないとはいえ、心理的にも少し安心できる要素です。とはいえ、最近はLINEやメッセンジャー、SNSなどのツールで連絡を取る人が多いので、メールでの紹介は手軽さの面で一段落ちるでしょう。一番の問題は、文面が「企業主体」のものになってしまっていることです。せっかく紹介者が入力したメッセージもあまり目立たず、「友達に直接紹介してもらった感」は低めです。

ベルメゾンのように、友人がお金を遣った段階で紹介者にインセンティブが入るというよくある形態のキャンペーンだと、お金を遣うのを「強制」している/されているようで、心理的に紹介しづらい場合もしばしば。だからこそ「お友達とのコミュニケーションで」紹介が行える仕組みが、お友達紹介へのハードルをぐっと下げてくれるのです。ツール面の改善は今後のお友達紹介に必須!とも言えるポイントでしょう。

 

総評:

さまざまな商品がそろうベルメゾンのお友達紹介。ポイント付与の条件も軽いので、ベルメゾンのサービスが役立ちそうなお友達には「きっかけ」としておすすめの価値があると思います。一方で、紹介手段が「企業からの」「メール」に限られている点は改善の余地あり!お友達との直接的なコミュニケーションで紹介ができるよう、UXの改善が求められるところです。

 





トピック: お友達紹介研究レポート

 
 
02_横長-2
オンラインセミナー開催
 
美容院・ネイルサロン・エステの方向けウェビナー
アフターコロナの店舗集客
 
高いロイヤリティを持つ顧客とのつながりをどのようにデザインするか? リファラルマーケティングクラウドinvyがお伝えします。 zoomを使っての早朝オンラインセミナー、ぜひご自宅からでもご参加ください!
 
オンラインセミナーに参加
 
 

 
 

最も読まれている記事

情報過多の時代は「何を言うか?」より「誰が言うか?」が重要です。紹介がされる時には「誰が」「どんな情報」を友人・家族に伝えているのでしょうか?  詳しくはこちら>>
巷で流行りのバズマーケティングやSNS活用。情報拡散の大きさだけでなく、記憶に残り続けるお店になるためにはどうすればいいか、一緒に考えてみませんか?  詳しくはこちら>>
大事なポイントはリファラルコミュニケーションのデザイン。オンラインだけでなくオフラインも最適化することで紹介経由の顧客獲得が4倍に。  詳しくはこちら>>
コロナウイルスに伴う外出自粛によって、人の消費行動や生活様式は大きく変化しました。アフターコロナの店舗集客のあり方がどのように変わるのか、考えるためのポイントを解説します。  詳しくはこちら>>