<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-P2MDTJ" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

【2023年最新版】楽天銀行のお友達紹介キャンペーン事例をご紹介!お得にポイントをもらおう!

 

リファラルマーケティングやお友達紹介を研究・評価する「お友達紹介研究所」。
今回は、楽天銀行のお友達紹介キャンペーンをご紹介します!
楽天銀行画像引用元:楽天銀行株式会社公式ホームページhttps://www.rakuten-bank.co.jp/

⇒無料ダウンロード:業界別お友達紹介キャンペーン成功事例集

 


企業名:楽天銀行株式会社

楽天銀行とは、楽天グループが開設している銀行です。楽天関連のサービスを多く利用している方は、楽天ポイントがどんどん貯まるメリットの大きな銀行です。楽天銀行はネット銀行口座数でNo.1に選ばれています。

 

・キャンペーン概要

楽天銀行株式会社が運営する「楽天銀行」の口座ご紹介プログラム。楽天銀行口座をお持ちの紹介者が、当該サービスの口座を未開設の友人へ楽天銀行を紹介し、友人が楽天銀行口座開設&入金で、楽天ポイント1,000ポイントを友人に、1名紹介ごとに300ポイントを紹介者が受け取ることができます。

参照:お友達紹介キャンペーン公式ホームページ:https://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/invitation.html

 

キャンペーンの特典内容と受取条件は?

お友達&紹介者の両方に、特典がプレゼントされます。

お友達は・・・ 楽天ポイント1,000ポイント

・条件:紹介URLからのエントリー&楽天銀行口座開設&入金

紹介者は・・・ 楽天ポイント300ポイント

・条件:エントリー&お知り合いを紹介し、紹介された方が口座開設

紹介できる友人の数は毎月最大10名です。
なおこちらのポイントは1ヶ月で無くなる期間限定のポイントなので、貯めておかず、すぐ使うのがよさそうです。

 

応募方法

紹介方法は、「LINE」と「メール」の2パターンです。

紹介する人の流れ

~LINEでの紹介方法~

 ①お手持ちのスマートフォンを使って下記画像のQRコードよりアクセス
 ②楽天会員IDを使ってログイン
 ③LINEアプリを起動
 ④ご家族・ご友人を選択してメッセージを送信
 ⑤届いたメッセージに記載されたURLよりお申込み
 ⑥300ポイントGET

LINE
参照:お友達紹介キャンペーン公式ホームページ https://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/invitation.html

~メールでの紹介方法~

 ①下記URLより楽天銀行のページに遷移
 ②同様の画像の「メールを送信する」をクリック
 ③ご家族・ご友人の情報を入力し、メッセージを送信
 ④届いたメッセージに記載されたURLより楽天銀行を口座開設
 ⑤300ポイントGET

メールの方
参照:お友達紹介キャンペーン公式ホームページ https://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/invitation.html 

 

キャンペーンのポイント

①楽天ユーザにとっては嬉しい「ポイント特典」
楽天銀行を開設する人は、「既に楽天市場アプリを使用していて、楽天カードを持っている」という人が多いように感じます。その方々は、買い物をする毎にもらえる楽天ポイントを貯めて、より効率的に生活をすることが目的です。
そのため開設後、楽天市場での買い物毎にもらえるポイントの増加(+1倍)は双方にとって、嬉しいことだと思います。

 

②自動的に特典を付与

登録さえすれば、1ヶ月後に自動的にインセンティブが付与されています。
面倒な受け取り作業がないので、手軽に特典を受け取れます。

 

③複数人紹介でオトクになる
一人の紹介ではたった300ポイントしか入らないのですが、10人紹介すると3000ポイントも入ります。
周囲への複数紹介を起こしそうなユーザにとってメリットを感じやすいキャンペーンだと言えるでしょう。

 

楽天銀行の紹介キャンペーンの特徴

・商品の魅力 ★★★★☆

「楽天経済圏の中にいるユーザ」からすれば、ものすごくいい商品だと思います。口座を作るだけで、楽天ポイントが+1倍つくのは主婦の方や学生の方にとても嬉しい制度なのではないでしょうか。

・企画のおもしろさ ★★☆☆☆

インセンティブ式の紹介制度は、リファラルマーケティングとしては珍しくありません。
そのためLPの訴求や、バナーのクオリティに大きく依存することになります。紹介の件数に応じて、ポイント付与配分に差をつけたり、会員ランクごとにポイント付与数を変えるとより紹介したくなるキャンペーンになるかもしれませんね。

 

・インセンティブの魅力★★☆☆☆

楽天カードを作る時、普通でも5000ポイント。イベント時であれば8000ポイントを付くということを考えれば、一消費者の目線から考えると、1000ポイントは「少ないな」と感じてしまいます。
楽天カードのように申し込むだけなら楽ですが、銀行口座となると、お金を元口座からある程度移したり・・・などの作業が増えるので、それに対するポイント数としては今ひとつ。顧客フローや体験にも目を向けつつインセンティブ設定することがポイントです。

・紹介のしやすさ ★★☆☆☆

楽天株式会社は誰もが知っている大企業です。企業に対する「信頼や安全性」があるので、「詐欺やマルチ商法かも・・・?」という心理的障壁は少ないでしょう。
またLINEでも紹介ができるのは、友人のメールアドレスを知らない現代ユーザにとは非常にありがたいです。
一方で、複数人紹介でオトクになるキャンペーンなのにも関わらず、紹介方法がLINEやメールなどクローズドなもののみで複数人紹介が起こりやすい仕組みが用意されていないところは、ユーザ的には今ひとつかもしれません。

総評:

楽天というネームバリューがあり、そこに信頼感や安心感が生まれるからこそ出来るキャンペーンだと感じました。
一方で2回目、3回目と何度も参加しようと思わせるキャンペーンの魅力付けにはもう少し工夫が必要そうです。

 

楽天銀行のような紹介キャンペーンを実施したい!という企業様へ

こちらの記事で紹介しました楽天銀行さんのように、お友達紹介キャンペーンは、いかにPDCAを回して改善を重ねるか・ユーザーが飽きないようにするかが重要になります。ツールを用意するだけでは必ずしもうまくいきません。

弊社お友達紹介キャンペーンサービスinvy(インビー)では、デジタル紹介キャンペーンサービスinvyの他、コンサルティングによる定額ご支援やスポットコンサルティングも承っております。
紹介ページ作成、紹介導線の設置、特典運用まで一気通貫してご提案しているため、キャンペーンのノウハウがない企業さまでも安心してお任せください。紹介キャンペーンの導入をお考えの方は、まずは無料相談からお気軽にお待ちしております。

\リファラル集客についてわかる/  3分早わかり資料をDL無料オンライン相談はコチラ

関連記事:金融・保険業界のリファラルマーケティング事例|検討すべきポイントとキャンペーンメリット


トピック: 紹介キャンペーン事例, 金融機関

もっとも読まれている記事

情報過多の時代は「何を言うか?」より「誰が言うか?」が重要です。紹介がされる時には「誰が」「どんな情報」を友人・家族に伝えているのでしょうか?  詳しくはこちら>>
インフルエンサーマーケティングは適切に行えば高い効果を発揮しますが、方法を誤ると一過性のもので終わってしまう危険性も。失敗を防ぐためには何に気を付ければいいのでしょうか?  詳しくはこちら>>
大事なポイントはリファラルコミュニケーションのデザイン。オンラインだけでなくオフラインも最適化することで紹介経由の顧客獲得が4倍に。  詳しくはこちら>>
コロナウイルスに伴う外出自粛によって、人の消費行動や生活様式は大きく変化しました。ウィズコロナの店舗集客のあり方がどのように変わるのか、考えるためのポイントを解説します。  詳しくはこちら>>